卒業後の進路を決めるのは「就業力」!

「就業力」とは、自ら「仕事」を探し、選び/選ばれて、それを日々の糧として、生きて行く力と覚悟です。メディア情報学部では、どんな仕事にも求められる、「情報」の探し方から、必要な情報の抽出、整理、分類の方法、さらにはそれらを踏まえてのアートや広告表現、他者や社会とのコミュニケーション手法などを学びます。いずれ社会人となる日の自分のために、本学部で「メディア情報力」を鍛え、できる限りの実務能力を身につけてください。

就業力育成への取り組み

就業力を伸ばすには、前向きな就業意識と一定水準以上の実務能力が必要です。就業意識とは、社会のなかで生きていくことの意味を自分自身の問題として理解し、将来のために役立つことを身につけるという目的を明確にして学修に取り組む姿勢です。実務能力とは、学んだことを実際に幅広い職業で活用できるようにするための技術・技能です。
就業意識の向上が実務能力の獲得を促し、実務能力が向上することで更に就業意識が高まる − 駿河台大学メディア情報学部ではこのような一連のプロセスにより就業力を育成します。


就業力ポートフォリオ・マネジメント

学修で身につく就業力をかたちに

適した仕事はなにか、そこで役立つ能力を身につけられたかを示すことができるポートフォリオを卒業までに作ります。

履修のPDCAサイクル

志望進路に合わせて目標となるポートフォリオを想定し、その完成に向けて4年間の履修計画(Plan)を立て毎年実施し(Do)、その達成度を評価し(Check)、計画を修正(Action)していきます。

早期の就業意識の確立

4年間を通してゼミナール(必修)の担当教員が就業力ポートフォリオ・マネジメントの指導を個別に行います。

オンキャンパス・インターンシップ

学内の専門設備で職場体験

「メディア情報企画室」を中心に「メディア工房」「デザイン工房」「メディア情報実習室」「記録情報実習室」を模擬職場と位置づけ実務を体験します。

関連する産業界の実務家の指導

2年次までの授業でしっかりと準備を行い、3・4年次に外部の実務家教員の協力を得て実務能力(幅広い職業で活用できる技術・技能)の獲得を目指します。

幅広い仕事に役立つ実務能力を重視

専門分野の実務能力だけでなく、学部の特性を生かし、プレゼンテーション、資料作成、情報管理など、どのような業種や職種でも役立つさまざまな実務能力を育成します。

キーワードは広告制作

広告制作は、限られた空間・時間のなかでさまざまなメディアの表現力を最大限に活用し、広がりのあるメッセージとして情報を的確に伝えるという点で、メディア情報学部の専門要素を包括的に含んでいます。

実務教育アドバイザーリーボード

実務家によるカリキュラムの点検・評価

実務的な知識や技術が学べる科目について、関連する産業界の協力を得て、実際に役立つ授業計画が立てられているか、効果的な授業が行われているかをチェックします。

結果は授業改善に反映

点検・評価の結果を授業改善に反映させ、教育の質の向上を目指します。

ページの先頭へ